東京の都市開発地域で安い価格で買える土地

東京では二十三区外の市町村を中心として都市開発が行われている地域が多くなっています。この地域ではまだ都心部のように土地の価格が高くなっていないことから購入してマイホームを建てるといったことも考えやすい状況が続いています。しかし、都市開発が進められていくに従って不動産の価格は上昇していきやすいため、居住用の場所を東京に確保したいというときには急ぐのが賢明な判断です。また、キャピタルゲインを得るための不動産投資を行いたいというときに都市開発地域に着目するのは良い方法であり、開発計画が立てられていく様子を伺いながら買い時を逃さずに購入すると十年から数十年後には十分なキャピタルゲインを得られる可能性があります。

都市開発地域であっても東京の不動産はやや価格が高いことは否めません。少しでも安く手に入れたいと考えたら土地計画区域に着目するのは良い方法です。土地計画区域になっている土地を上手に売買する方法にまとめられている内容ですが、基本的には都市開発計画が立てられて土地計画区域に設定されてしまうと、その所有者は他の地域に代替のものを与えられるという形になるのが一般的です。それによって所有者としてはもはや不要だという判断になる場合も多く、積極的に売りに出してしまおうと考えることがよくあります。この中には値打ちの高い物件が多いのが特徴であり、手続きさえ正しく理解していれば相場よりも安く購入することが可能です。

基本的には都市開発がある程度進行してしまわない限りは土地を手に入れることができない仕組みになっているのには注意が必要です。従前地を持っている所有者が仮換地を売るというのが基本的な形になっていて、引き渡しはその仮換地が使用できるようになってから後のことになります。予定通りに都市開発が進められていった場合には当初計画された時期に引き渡しがおこなえるおちうことになりますが、計画通りに開発が進まないリスクがあることは否めません。その点も考慮してやや安い価格での取引が行われるようになっています。しかし、開発が終わった後には土地の価格が上がることが多いため、キャピタルゲインを求めて不動産投資を行いたいというときには優れている選択肢になりやすいのが土地計画区域の物件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です