東京で一戸建てを建てるのに値打ちのある土地

東京で一戸建てを建てられる土地が欲しいと考えても高額でなかなか手の届く範囲のものが見つからないことがあります。周囲の県境に近づいていけば比較的安くて広い物件を見つけられる場合も多いですが、都心で働くという場合にはアクセスが悪くて購入を決断できないことも珍しくありません。都心に近くてかつ一戸建てを建てられる理想的な土地を東京で探そうとするとどうしても高くて一般的には手に入れるのが難しいのが実情です。流通している物件自体も少なく、大半がオフィスビルや商店などに確保されてしまっていて住宅地として定められている区画しか候補になりにくいという事情もあります。しかし、探してみると東京にも比較的リーズナブルで一戸建てを建てられる土地が流通しています。

狭小地は代表的なものであり、狭くて建物を建てられる面積が狭いことから買い手がつかずに破格で流通していることがよくあります。必ずしも住宅街の中にあるとは限らないのも狭小地の特徴です。さらに都心のオフィス街やショッピング街のすぐ側にあるにもかかわらず、郊外と変わらないような値段で販売されていることもあります。面積が狭い分を考慮しても値打ちの高い物件として着目してみる価値があるでしょう。ただし、狭小地に目を向けるときには本当に期待しているような一戸建てを建てられるとは限らないので注意が必要です。条例の影響によってその面積を目一杯に使えない場合も多く、面積的に考えてかなり窮屈になる場合も少なくありません。工務店に連絡してどの程度の間取りで設計が可能かを相談した上で納得して購入することが重要です。狭小地の活用に長けている業者も多いのは東京の特徴であり、積極的に活用するための基盤ができています。

もう一つ有用なのが空き家に着目する方法です。空き家が林立しているのは東京では大きな問題になっていて有効活用のためにリノベーションをすることも増えてきました。しかし、それにも適していない状況になっている空き家は取り壊しが進められているのが現状です。所有者としては費用をかけてまで取り壊しをしなければならないのは大変なことであり、できるならそのまま手放してしまいたいと考えています。その物件に着目して自分で取り壊して土地を利用するという方法があるのです。解体費用がかかるのは確かですが、好立地の土地を手に入れて一戸建てを建てられる可能性が高いのが空き家物件の活用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です