東京の土地探しで留意しておくと良い点

東京で土地探しをするときには都心部に近づくほど流通している物件が少なくて狭小地が多くなりがちであり、ある程度の大きさの建物を建てたいと考えたら郊外へ向かわざるを得ない状況があります。それでも東京23区内の場合には高額になることが多く、特に山手線の内側や沿線になると高額になることを覚悟しなければなりません。しかし、その外に向かって出ていくと価格も比較的低くなって土地探しには適している状況になっていきます。都心部へのアクセスに関しても鉄道網が発達しているお陰でそれほど悪くはない地域が多く、東京で働くために土地探しをしているときや、東京で賃貸経営や飲食店経営などをしようとしているときには合理的な選択肢です。

都心で必死に探すというときでも郊外で広くてリーズナブルな土地を探すというときでも気をつけておきたいのが土地の境界線です。不動産情報を集めて流通している土地を見てみるとあたかも広そうに見えるような土地が多数見受けられる地域もあります。しかし、実際に買ってみたらそれほど広くなかったという状況に陥ることも稀ではありません。昔からずっと同じ人が所有していてなんとなく境界線が決まっていた場合も多く、改めて土地を購入して境界線を明確にすると表示どおりではなかったというトラブルが発生しやすいのが東京なのです。

土地の売却時には、土地境界確定測量をした方が良いでしょうか?という記事を参考にしてみると、境界線の確定を依頼してみることに意味があるとわかります。測量費用がかかるので通常はあまり測量をあえてしてから土地を売りに出すということはありません。近隣の土地の所有者とのトラブルがあるようなケースでは特にこの依頼に対して断るということもあります。それが余計にトラブルを大きくしてしまって売りづらくなってしまうリスクがあるからです。そのような土地を買ってしまうと損をするのは自分なのでまずは測量をして欲しいと切り出してみましょう。それに快く応じてくれるようであれば周辺とのトラブルは起こっていないことは明確にわかります。土地測量を行ってもらってあると境界線で自分がトラブルを起こす心配もなく、建物を建てるときに法律に抵触しない範囲で目一杯に土地を使いやすくなるので土地を決めるときには切り出してみることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です