東京で不動産を扱うときに知りたい土地家屋調査士

東京にある不動産を扱うときにしばしば役に立つのが土地家屋調査士です。表示の登記を行う専門家であり、東京には大きな事務所がいくつもあります。ここに相談するケースとして土地の登記に関わる測量や調査を行ってもらい、それに基づいた登記を行う場合が代表的です。分筆によって土地を分けたいという場合や別々に登記されている土地の土地合筆登記をしたいということはよくあります。狭小地と隣の土地を手に入れて一つにまとめてしまうというのはよくあることであり、土地合筆登記が活用される例です。また、固定資産税や相続税の軽減のためや、相続の際に土地を相続人で分け合うために分筆をすることも珍しくありません。リノベーションやリフォームを行うということも東京では多くなりましたが、その際の登記についても土地家屋調査士に依頼するのが一般的です。個人であっても法人であっても様々な場面で利用する可能性があるので理解しておくことが大切になります。

ただし、登記であれば全て土地家屋調査士に依頼すれば良いというわけではありません。親の名義の不動産を売却するための手続きに必要なもののようなケースでは東京で活動している司法書士に依頼するのが原則です。ここで問題にされているのは親の名義の不動産の名義変更の登記を行うという手続きですが、これは登記の中でも権利の登記に相当するものであり、司法書士や弁護士の管轄になります。表示の登記を行う専門家である土地家屋調査士の職能ではないということに注意が必要であり、ケースバイケースで依頼する専門家を変えなければなりません。相続の登記自体も司法書士が行うものであり、表記に関わる部分でだけ土地家屋調査士が活躍すると考えるのが適切です。

この他にも土地家屋調査士に依頼できる登記があります。地目の変更や地積更正、建物表題変更、建物滅失などが代表的なものです。住宅地として使用してきた土地を自営業のために店舗に切り替えたり、不要になってしまった建物を撤去したりするときには相談することになります。刻々と土地活用の方法が変更されている東京だからこそ需要が高く、気軽に相談できるサービスも提供されるようになっているのが現状です。単純に土地測量をしたいというときにも依頼することができるのも知っておくと役に立つ場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です