土地価格の推移で判断して東京の土地を買うリスク

不動産取引を活用して資産形成を行う方にキャピタルゲインを求める方法があります。キャピタルゲインとは不動産を購入した後、その価格が上昇した時点で売却することによって得る差益のことであり、土地を利用して行うのが基本です。建物は経年により劣化が進行するため、年々売却価格も低下せざるを得ないものの、土地については消耗する部分がないので主に土地価格の変化に売却価格が影響されることになります。その点から考えると日本全国で見る土地価格の推移はほぼ横ばいになっていてキャピタルゲインを得るのは難しい状況にありますが、地域ごとに見てみると東京での推移は上昇傾向です。その点から判断して東京で土地を買って将来的に高くなったところで売ろうと考えるのは賢いと言えるかもしれません。しかし、安易に判断してしまうと失敗するリスクがあるので注意が必要です。

現状として東京の土地価格は上昇方向に推移していますが、それがいつまでも長続きするとは限らないのが一つの理由です。東京からオフィスが地方へ移る傾向が強まっているため、徐々に物件の需要が低下していってしまうリスクがあることは否めません。また、オリンピックなどの大型イベントの存在によって土地価格が上昇傾向を示している可能性も高く、それが過ぎてしまったときに暴落を起こすリスクもあります。将来的に何が起こるのかを予想した上で本当に上昇に推移をしていくと考えられるのかと疑問を投げかけてみるのが大切です。自分なりに考えて確かにキャピタルゲインを見込めると考えたら購入を決断するのが後悔しない方法でしょう。

もう一つの理由として土地価格が上がっても売却価格は下がってしまうリスクもあるからです。周辺環境の変化によって立地が悪いと判断されるようになると土地価格は高くなっても売却価格は下がります。3つのステップ!マンションなどの不動産の売買価格の決まり方を参考にしてみると他にも売却価格が下がってしまう要因があることを理解可能です。建物を建てて運用していたときにはその建物が古いために価格が下がることもあります。また、買い手がいなければ売れないのは当然であり、買い手が交渉上手だといつの間にか大幅な値下げになってしまうこともあるのです。このようなリスクもあることを承知した上で東京の土地を買うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です