住むのに便利な東京の土地のイメージ。

家から外に出れば、近くにコンビニがあるのが東京では当たり前です。スーパーや学校、病院まで・・・生活に便利なありとあらゆる場所が、全て歩いて行ける距離内にあるのです。用事が近くで済みますから、それに要する時間が短くて済みます。時間の短縮が可能なのです。それに比べて、田舎ではどうでしょう?買い物に行くにも片道一時間、病院に行くにも数時間はかかってしまい、一日の中でできる事が限られてしまうのです。そんな便利な東京ですが、時間が短縮できる分、お金を稼ぐ為の時間や勉強にあてる事ができるのです。お金を稼ぐ事ができるから、東京に住む事が可能になります。東京は、何よりも土地や家等にかかる費用が高いのが特徴です。賃貸や社宅等を利用して、住居費を抑えようと努力をしますが、できる事なら、土地を買って、家を建てて、持ち家で暮らしたいものです。

そんな東京にもピンからキリまであって、土地の価格もピンからキリまであります。東京の土地のイメージですが、いわゆる「山の手」と言われる、高台にあるような場所ですと、「高級住宅街」なんて言われて、一般市民の収入では手の届かないイメージがあります。それに対して、「下町」と呼ばれる場所であれば、昔ながらの住宅が多く残っており、人と人とのつながりも濃く、下町人情に溢れていて、手軽に住みやすい場所になっています。「商店街」なんて呼ばれる場所なんかには、生活に必要なものが大体揃っていますので、生活する上で大変助かります。生活とは、毎日の繰り返しですから、便利である事は大変大切な要素になります。商店街には、ウキウキやワクワクがいっぱい詰まっています。色々な物を買う事ができますし、多くある個性的な飲食店で、美味しい料理を食べる事ができます。様々なイベントをしていたりもするので、近所の人々と触れ合って、仲良くする事もできますし、困った事があったら、まわりの人からアドバイスをもらったりする事ができるので、精神面でもこころが強くいられるのです。

このように、東京でも場所によって、住みやすさが変わります。東京の中でも、田舎のようなのどかな場所もありますし、商店街があって賑わっている場所もありますし、高級住宅街等もありますし、その場所によって、土地の価格も大きく違います。その人の性格によって、置かれた環境や職業によって、「どこが住みやすいか?」なんて変わりますから、その人の身の丈に合った場所で穏やかに生活する事が、一番の幸せな生き方になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です