東京の土地選びで大切な安全面

住宅を建てたり店舗を用意したりするために東京で土地選びをするときに気をつけておきたいのが安全面です。店舗の場合には集客性の高さ、オフィスの場合にはアクセス性の良さも考慮しなければならないものの、特に住宅を建てる目的で探している場合には安心して住める土地を選ぶということが重要になります。せっかく東京に住宅を構えることができたのに住み続けるのは不安になってしまって引っ越したということにならないように入念に情報調査を行うことが肝心です。

安全という考え方には二つの面があります。一つは物理的な安全であり、土地が緩くて地盤沈下を起こしやすい地域は東京には少なくありません。もともと地形的な影響で地盤が緩いという地域もありますが、もともと農地として利用していて転用したという場合にも基礎がしっかりとしていなくて家が傾いてしまうということがあります。また、急な傾斜のところを造成した土地のように常に危険を孕んでいる物件も流通しているのが東京です。もう一つは治安による安全であり、繁華街が近くていつも不審者が見かけられたり、犯罪件数が多くて安心して夜道を歩けなかったりする地域も東京には少なくありません。このようなところに住み続けるのは負担に感じられてしまう可能性があります。土地の使われ方の変遷や地域ごとの災害情報について調べ、現地に行って確認すれば物理的な安全性はわかります。治安についても地域から情報発信が行われているのが常なので予め確認した上で購入を検討するのが重要です。

もし土地選びで失敗してしまったというときには売る決断をするのが大切です。少しでも高く売って引っ越し先の物件を手に入れる資金を手に入れることが重要になるでしょう。売値に大きな差が出ることも・・・損せず家を売るための3つの工夫を参考にして一円でも高く売るという気持ちを持って取り組めば別の場所で新たに住めるようになる資金が獲得できると期待できます。特にまだ家を建てて間もないという状況であれば築浅の物件として人気になる可能性も十分にあるので、その点に着目して売りに出してくれる不動産会社を味方につけることが必要です。査定を十分に比較して相場よりやや高い程度を目標にして売るのが失敗しないための対策になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です