東京の土地価格の相場は一坪何万円程度か

東京の土地の価格は、バブル期に急上昇したあとしばらくは停滞していましたが、近年は都心回帰傾向による一極集中の加速と景気の回復基調によって、再び上昇局面にあると言えます。23区内の中でも都心に近い区部では上昇が顕著に見られますが、逆に東部や北部などでは下落している区があり、2極化が進行してきているとも言えるでしょう。
最も土地価格が高騰しているのは、都心3区と呼ばれる「千代田区」「中央区」「港区」の3区です。これらの地域では平成28年度の時点で一坪当たりの平均価格が1,000万円を超えているケースが多く、かなりの高額となっています。都心3区は東京都内でも別格の高さとなっていますが、それに続く「渋谷区」「新宿区」も一坪あたりの平均価格で見ていくと900万円を超えており、その他の区よりも高額となっている傾向が見られます。
一坪あたりの平均価格は上記の5区以外はやや低くなります。6位以下は「豊島区」「台東区」「目黒区」が300万円台と続き、23区の中で下位の「江戸川区」「葛飾区」「足立区」は100万円台の前半で推移しています。東京都区部の中でも人気があり土地の価格が高騰している区と、比較的落ち着いている区の違いがはっきりと見られるようになりました。
東京23区外に目を向けると、人気エリアの吉祥寺を抱える「武蔵野市」が圧倒的な人気となっており、目黒区に匹敵する価格である一坪当たり約300万円が平均価格となっています。吉祥寺は例外的に23区外でも高い人気がありますが、その他にも三鷹市や立川市など、23区の下位よりも平均土地価格の高い市部も見られます。
一坪当たりの土地価格が100万円を下回っているのは、郊外となる八王子市や多摩市、町田市などとなっています。これらの東京都下の市部であれば一坪当たりの平均価格が50万円から70万円程度となりますので、住宅地として30坪を購入すると2,000万円前後となります。建物本体価格を2,000万円とすると、一般的な収入の世帯であっても土地付きの戸建て住宅を十分に狙える地域であるといえるでしょう。
もちろん東京都内であれば、一部の地域を除いて全国平均と比較すると価格はかなり高く推移しており、今後も大きな下落は考えにくいことから資産形成の一環として購入するという選択はベターであると言えます。交通アクセスや周辺環境、形状によって価格は変動しますので、必ず現地確認を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です