東京にもある田舎の土地

東京は日本の首都であり、政治や経済などあらゆる面においての中心です。大都会東京はその土地のイメージとして、コンクリートで高いビルが建ち並び、たくさんの人々が行きかうというイメージがありますが、実は場所によっては田舎で、緑や畑など自然がいっぱいだったり高齢者が多く住んでいる地域があります。都会の喧騒から少し入ると、下町情緒あふれる街並みがあったり昔懐かしい場所があるなど、都会のイメージからかけ離れている場所も多く存在しています。また土地によっては、田舎暮らしができるほど自然に囲まれている地域もあり、町や村もあります。

奥多摩の周辺地域で奥多摩町、日の出町、桧原村。伊豆諸島は東京都になります。奥多摩町は東京の最北端にあり、奥多摩渓谷はその自然の美しさで知られています。桧原村は、島以外では東京にある唯一の村で、90%が森に囲まれているといわれています。「払沢(ほっさわ)の滝」は日本の滝百選に選ばれていたり、また紅葉の美しい神戸岩がその景色の素晴らしさで知られています。伊豆諸島は伊豆半島の南東に位置しており、人が住んでいる島は大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島があります。大島支庁、三宅支庁、八丈支庁が置かれていて、それぞれの町村は都が管轄しています。産業は漁業、農業、観光が中心になっており、漁村や農村が多くある田舎。くさや、明日葉、島寿司などが地域の特産物になっています。またこの地域で醸造されている「島焼酎」は、この地域特産の焼酎で島ごとに特徴があってとても人気があります。

東京都に属する田舎の土地についてお話しました。今後、値上がりが期待できる土地という視点で考えると、やはり東京オリンピックが行われることもあり、アクセスの良い場所ということになります。そういう意味では、郊外ベットタウンになる可能性があり畑や野原がある場所や、古くからある住宅地などで比較的便利の良い場所ということ。再開発や大型の商業施設が建設される地域で、今後人口が増えていくことが期待される場所などがあります。やはり仕事が都心近くにある方にとって、通勤の便利さが最優先になります。そのことを考慮して、なおかつまだ開発が行われていない場所が、今後の値上がりが期待できるといえるでしょう。もともと便利な所では既に地価が高いことが多いので、今後のことを見据えた、開発や変化などの予定や予想がポイントになるでしょう。今まだ残る緑や自然があり、そして開発により変貌していく東京の現在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です